“マツダディーゼルエンジン故障の真実:あなたの車を守るためのガイド”

この記事は、マツダのディーゼルエンジンについての全てを網羅した情報源です。

この記事を通じて、マツダのディーゼルエンジンの特徴、その技術的な進歩、そしてそのパフォーマンスについて深く理解することができます。

あなたはマツダのディーゼルエンジンの故障のリスクについて不安があれば、この記事を読むことで新たな発見と不安の払しょくに役立つでしょう。

ここにはあなたがマツダのディーゼルエンジンについて知りたいと思っている全てのことをカバーしています。

※当記事はPR情報を含みます。

目次

マツダディーゼルエンジンの特徴

マツダディーゼルエンジンの「スカイアクティブD」は何が魅力なのか

マツダのディーゼルエンジンは、高い燃費性能と強力なトルクを持つ革新的なエンジンで、他のエンジンとは一線を画しています。

その中でも特にスカイアクティブDは、低圧縮比化を実現し、走行性能、燃費性能、環境性能を大幅に改善しています。

これにより、燃料をきれいに燃やし、効率的に力に変えることが可能になりました。この性能は、デミオをはじめアテンザ、CX-5やCX-8などのマツダの車種に搭載されて実証されています。

これらの特性により、マツダのディーゼルエンジンは一気に知名度があがり、国内にディーゼルエンジンの魅力を定着させたといっても過言ではありません。

他の国産ディーゼルエンジンとの違い

マツダのスカイアクティブDと他の国産ディーゼルエンジンとの間には、いくつかの重要な違いがあります。

その一つが「圧縮比」です。一般的に、ディーゼルエンジンは高圧縮比を特徴としていますが、スカイアクティブDは低圧縮比化を実現しています。

これにより、エンジンの内部で失われる抵抗を減らし、ディーゼル特有のガラガラ音の低減、走行性能、燃費性能、環境性能を大幅に改善しています。

また、排ガス処理についても違いがあります。多くのディーゼルエンジンでは、排ガス中の有害物質を除去するためにディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)と尿素SCRシステムが使用されます。

しかし、マツダのスカイアクティブDでは、DPFの再生頻度を低減し、尿素SCRシステムを必要としない新たなアプローチが採用されています。

これにより、アドブルーの補充等といったメンテナンスの手間やコストを削減し、同時に環境負荷も低減しています。

以上のような革新的な技術により、マツダのスカイアクティブDは他の国産ディーゼルエンジンとは一線を画す存在となっています。

マツダディーゼルエンジンの故障の真相

マツダディーゼルエンジンの故障事例

マツダのディーゼルエンジン、特にスカイアクティブDには、一部のモデルで故障事例が報告されています。

主な問題は、エンジンのパフォーマンスが本来のものを発揮できないことや、リコールが相次いでいることです。

マツダのディーゼルエンジンは、低燃費とトルクフルな走行性能が魅力で、特にスカイアクティブDはそのクリーンディーゼル技術で注目を浴びてきました。

しかし、近年ではこのエンジンを搭載したモデルのリコールが相次いでいます。

具体的な故障事例としては、デミオやCX-3に搭載されている1.5Lのクリーンディーゼルエンジンでの不具合が特に多く報告されています。

具体的な故障事例として、以下のような具体的な現象が報告されています。

1. ススの発生: スカイアクティブDは低圧縮比によりNOxを低減しますが、その一方でススの発生が多いという問題があります。ススは排気ガスに含まれる軽油の燃えカスで、これがエンジン内部に溜まるとパフォーマンスに影響を及ぼします。

2. 燃費の悪化: インジェクター(燃料噴射装置)を交換した後、燃費が悪化する現象が報告されています。具体的には、交換前は高速で80km/h定速なら23km/L、一般道郊外長距離なら19km/L位走っていたのが、交換後はメーター読みで15km/Lほどに落ち、ECOランでも17km/Lを切る状態になったとのことです。

3. DPF再生間隔の短縮: DPF(ディーゼル・パーティキュレート・フィルター)は、ディーゼルエンジンの排ガス中に含まれる微細な粒子状物質(PM)を捕集・除去する装置です。インジェクターを交換した後、DPF再生(PMを燃焼させてフィルターをクリーンにする作業)の間隔が短くなる現象が報告されています。

これらの現象は、エンジンのパフォーマンス低下や燃費の悪化を引き起こし、長期的にはエンジンの寿命を縮める可能性があります。そのため、定期的なメンテナンスと適切な対策が必要となります。

マツダのディーゼルエンジン、特にスカイアクティブDは、その低燃費とトルクフルな走行性能から多くのユーザーに支持されています。

しかし、一部のモデルで故障事例が報告されており、これはマツダのディーゼルエンジンの信頼性に影響を与えています。

こういった事象により、一部ではマツダのディーゼルエンジン車はやめたほうがいいと言われている所以です。

DPF再生に関する問題

マツダのディーゼルエンジンには、DPF(Diesel Particulate Filter)再生に関する問題が存在します。

DPFはディーゼルエンジンの排ガス中の微粒子(PM)を捕集する装置で、これが適切に再生(清掃)されないとエンジンの性能に影響を及ぼします

DPFはディーゼルエンジンの排ガス中の有害物質を捕集し、排気ガスを浄化する役割を果たします。

しかし、このフィルター自体が汚れてくると、エンジンを吹け上がらせて有害物質を燃やす「DPF再生」が必要となります。

DPF再生は概ね200キロ~300キロ走行毎に行われますが、このDPF再生が適切に行われないと、エンジンがノッキングするという問題が発生します

これは、DPFが汚れてエンジンの性能に影響を及ぼし、最終的にはエンジンがかからない、もしくはかかりにくいという問題につながりますので、エンジンのメンテナンスとともにDPFの管理も重要となります。

ユーザー自身が適切なメンテナンスを行うことで、これらの問題を防ぐことが可能です。

マツダディーゼルエンジンの故障発生率

マツダのディーゼルエンジンの故障発生率は、公式には公開されていません。

しかし、民間調査会社などが行った調査によれば、マツダ車の故障率は若干高めとされています。

マツダは海外では日本車の名に恥じず故障の少ないメーカーとして世界的に認知されていますが、実際の故障率がどれくらいかというのはメーカーの社外秘情報なので一般には公開されていません。

しかし、メーカー以外の民間調査会社などが車のメーカーごとの故障率を独自に調査しており、その中でも有名なJ.D.パワーが公表している情報によれば、マツダ車の故障率は若干高めとされています。

デミオやCX-3といった1.5Lの一部のモデルで故障事例が報告されていることから、マツダのディーゼルエンジンの故障発生率は若干高めと考えられます。

しかし、これはマツダだけでなく、他の自動車メーカーも同様に故障事例が報告されていることを考慮すると、マツダのディーゼルエンジンだけが特別に故障が多いわけではないと言えます

。エンジンの性能を維持するためには、日頃の車の使用方法や適切なメンテナンスが重要となります。

マツダディーゼルエンジンの故障対策と予防

メーカーが推奨している対策

マツダディーゼルエンジンの故障を防ぐために、メーカーは定期的なメンテナンスと適切な運転習慣が必要と説明しています。

ディーゼルエンジンの主な問題点は、排気ガスのクリーン度に関連するものです。

スカイアクティブDをはじめとする最新のディーゼルエンジンはガソリンエンジンと同等のクリーン度を持つことができますが、スス(煤)の発生は避けられません。

ススはディーゼルパティキュレートフィルター (DPF) で捕捉され、一定量溜まった時点で燃焼させて処理されます。しかし、短時間の運転を繰り返すと、ススの燃焼が間に合わず、ススが詰まってエンジンが停止する可能性があります。

この問題に対する対策として、取り扱い説明書にも「1週間に一度は30分以上連続して運転する」と提案しています。

ユーザーができる対策

DPF再生はディーゼルエンジンの健康を維持するため、ユーザーができる対策としては、短距離走行や長時間のアイドリングを避けることです。

先ほどメーカーが推奨する対策として、「1週間に一度は30分以上連続して運転する」とありましたが、スカイアクティブDは繊細なエンジンであり、近所をスーパーに行く程度の短距離走行を繰り返すとDPF再生が始まる前にエンジンが停止することとなり、煤が燃焼されずどんどん蓄積してエンジン不調の原因となります。

最悪はエンジンが停止し、ディーラー等で強制的に煤を燃焼させる処理が必要となります。

ディーゼルデポジットクリーナーの活用

マツダからSKYACTIV-Dエンジン専用の「ディーゼルデポジットクリーナー」が発売されています。1本あたりの販売価格は3,300円(税込)前後で、マツダディーラーやネットショップで入手できます。使用頻度は、1万km/1回を推奨しています。

この製品は、燃料タンクに注入するだけでインジェクターに堆積したデポジット(汚れ)を除去するもので、SKYACTIV-Dエンジンを快適な状態で使用するために定期的な使用が推奨されています。

➀デポジットクリーナーの効果

 インジェクターノズルの清浄

 キープクリーン効果

 アクセルレスポンスの回復

 DPF再生頻度の回復

②対象車

1回の走行距離が短い

アクセルレスポンスが悪く感じる

最近愛車のパワーがなくなってきたと感じる

本来の燃費性能を維持したい

アイドリング時にエンジン振動を感じることがある

ディーゼルデポジットクリーナーの実際の効能

実際、スカイアクティブD専用デポジットクリーナーを使用したデータは以下の通りです。

投入前は10km/Lでしたが、投入後は13.5km/Lへ燃費が伸びています。

スクロールできます
日付
メーター
(距離)
給油量
(L)
走行距離
(km)
平均燃費
(km/L)
備考
202210/2340,48148.2053211.0
11/1940,90239.042110.8
12/2141,45953.4155710.4添加剤
投入
20231/1742,14551.0068613.5
2/1842,50736.3336210.0
3/1843,11149.5060412.2
車種はMAZDAアテンザワゴン(2017年式のスカイアクティブD 2.2L搭載)

また、DPF再生の間隔については以下の通りです。

41,459キロの給油時点でこのクリーナーを投入しましたが、12/27の再生はクリーナーを投入して間もないこともあり、参考資料から除外しています。

投入直後からしばらくの期間はDPF再生の間隔が多少長くなっています。当該車両のDPF再生の記録は200km走行毎に再生が始まっていましたが、クリーナー投入後は230km前後となりました。その後、200km未満でのDPF再生もあり、効果の持続性の確認はできませんでした。デポジットクリーナーによる劇的な変化は見られませんでしたが、燃費の面では一定の効果が得られるようです。

日付
(DPF再生の発生日)
DPF再生開始時のメーター数
(km)
DPF再生からの間隔
(km)
2022/12/2741,699
2023/1/841,933234
1/2042,178245
2/142,365187
2/2042,583218
3/342,824241
3/1743,056232
3/2343,318262
4/943,464146
4/1943,687214
5/343,860173

 マツダディーゼルエンジンを選ぶべき人と選んではいけない人

マツダディーゼルエンジンを選ぶべき人

マツダのディーゼルエンジン、特にスカイアクティブDは、長距離を頻繁に走行する人や、燃費性能を重視する人に適しています。

スカイアクティブDは、マツダが開発した乗用車用のディーゼルエンジンで、その特徴は高い燃費性能と力強いトルクです。

また、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて燃費が良く、長距離を走行する際にはその差が大きく出ます。そのため、頻繁に長距離を走行する人にはディーゼルエンジンが適しています。

特にディーゼルエンジンのビッグトルクを味わうと病みつきになる人が多く、次もディーゼルエンジンの車を選択する傾向が高いようです。

マツダディーゼルエンジンを選んではいけない人

マツダのディーゼルエンジンは、主に短距離走行が多い人や、頻繁にアイドリングを行う人には不向きです。

ディーゼルエンジンは、上述の通り、エンジンが十分に温まらない短時間の運転や、アイドリング時間が長い運転を繰り返すと、焼却室の温度が上がらず、エンジンの問題を引き起こす可能性があります。

また、ディーゼル車は構造的に黒煙の原因となるススが発生しやすく、これがエンジン内部に溜まるとパワーダウンや燃費劣化を引き起こす可能性があります

マツダのディーゼルエンジンは、短距離走行が多い人や、頻繁にアイドリングを行う人には不向きで、そのような運転状況下ではガソリンエンジンの方が適しています。

また、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比較して30万円~50万円程度高く、車両の差額を燃料代の差額で回収しようとすると10万キロ以上の走行は必要になります。

まとめ

マツダのディーゼルエンジン、特にスカイアクティブDは、長距離を頻繁に走行する人や、燃費性能を重視する人に適しています。

その一方で、主に短距離走行が多い人や、頻繁にアイドリングを行う人には不向きです。

これは、ディーゼルエンジンがスス(煤)を発生させやすく、これがエンジン内部に溜まるとパフォーマンスに影響を及ぼすためです。

特に、短距離走行が多いと、エンジンが十分に温まらずススが溜まりやすくなります。また、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて初期コストが高いものの、燃費性能が良いため長期的に見れば経済的です。

重要なポイント:

– マツダのディーゼルエンジンは長距離を頻繁に走行する人に適しています。

– 短距離走行が多い人にはディーゼルエンジンは不向きです。

– ディーゼルエンジンはススを発生させやすく、これがエンジン内部に溜まるとパフォーマンスに影響を及ぼします。

– ディーゼルエンジンは初期コストが高いものの、燃費性能が良いため長期的に見れば経済的です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次