マツダ バッテリー交換の料金比較ガイド

マツダ車オーナーの皆さん、バッテリーの寿命に気づき始めていませんか?「マツダのバッテリー交換料金」を知りたくてこのページに辿り着いたあなたへ、バッテリー交換の必要性から費用、そして安全に交換する方法まで、一連の流れを網羅的に解説します。

バッテリーの寿命と交換時期を見極めることは、故障の前兆と症状を早期に捉え、適切な対応をするために不可欠です。ディーラーでの交換費用、カー用品店での選択肢、または自分で交換する場合の費用とそれぞれのメリットを比較し、費用を抑えるポイントをご紹介します。

また、プロに依頼するメリットやDIYでの交換方法、安全な交換のためのチェックリストも提供し、バッテリーの種類と選び方、交換時に推奨されるバッテリーブランド、そして交換後のメンテナンス、特にアイドリングストップのリセット方法まで、マツダ車のバッテリー交換に関するあらゆる情報を網羅しています。

この記事を通じて、あなたのマツダ車が常に最高の状態で走り続けるようサポートします。

この記事のポイント
  • マツダ車のバッテリー交換の平均費用とその内訳
  • バッテリー交換の適切なタイミングとその前兆
  • ディーラー、カー用品店、自分で交換する各方法の費用比較
  • 交換後に必要なバッテリーメンテナンスとリセット手順

※この記事にはプロモーションが含まれています。

目次

マツダのバッテリー交換料金:全体概要

マツダのバッテリー交換料金は、車種やバッテリーの種類、交換場所によって変わります。

通常、バッテリーの寿命は3~5年で、この時期が近づくとエンジンの始動困難やヘッドライトの輝度低下などの故障兆候が見られます。

ディーラーでの交換は安心ですが費用が高く、カー用品店や自分での交換はコストを抑えられる反面、作業の正確性や安全性に注意が必要です。適合するバッテリー選びと推奨ブランドの選定も重要で、車の状態と使用条件を踏まえた選択が求められます。

バッテリー交換の必要性

バッテリー交換の必要性は、車の健全な運転維持に直結します。

バッテリーは車の心臓部とも言える部品で、エンジンの始動、ライトやエアコン、オーディオシステムといった電装品の電力供給源として機能します。

寿命が近づくと、エンジンがかかりにくくなったり、ヘッドライトの光が暗くなったりする兆候が現れます。これらはバッテリーの電力が不足している証拠であり、無視するとエンジンが全く始動しなくなる事態に至る可能性があります。

また、バッテリーの性能低下は、アイドリングストップ機能の不具合や電子制御システムの誤作動など、車全体の性能に悪影響を及ぼします。

定期的な点検と適時交換は、車を長持ちさせるためにも、運転の安全を守るためにも不可欠です。したがって、バッテリー交換は単なるメンテナンスを超え、車を安全に、かつ効率的に動かし続けるための重要な対策となります。

バッテリー故障の前兆と症状

バッテリーの寿命は一般的に3~5年とされており、その期間内の適切な交換が安全なドライビングには不可欠です。

寿命の見極めは車の使用状況やバッテリーの状態に依存し、エンジンの始動遅延やヘッドライトの輝度低下、オーディオの音にキレがない、パワーウィンドウの稼働が遅いなどの症状が表れた時が交換のサインです。特に寒冷地や短距離運転の多い使用状況はバッテリーの負担を大きくし、寿命を縮める可能性があります。

特にマツダ車はインフォメーションディスプレイに「バッテリーマネジメントシステム点検」と表示され、マツダディーラーにて点検を受けるように促されます。

マツダのディーラーによると、

・バッテリーの電圧低下による交換時期の到来
・バッテリーが弱っているため、概ね1~3か月以内に点検と交換の推奨
・バッテリー性能低下によりエンジンのオンオフによる電気消費を抑えるためi-stopの停止

上記の警告が出た場合は速やかにディーラー等でバッテリーチェック、電圧や充電状態等、専門家の診断を受けることも大切です。

バッテリー上部に膨張や液漏れの兆候が見られた場合は、すぐに交換が必要です。適切な交換時期を見極めることで、予期せぬトラブルを避け、安全なドライビングを維持することができます。

バッテリーの種類と選び方

バッテリーの種類と選び方を理解することは、車の性能を最適に保つために重要です。

主に、鉛蓄電池とリチウムイオンバッテリーの2種類がありますが、自動車には鉛蓄電池が一般的に使用されています。鉛蓄電池には、さらに「通常の鉛酸バッテリー」と「AGM(吸収式ガラスマット)バッテリー」があります。

AGMバッテリーは、振動に強く、充電の効率が良いため、最近のアイドリングストップ車両に多く採用されています。

バッテリーを選ぶ際は、まず車種に適合するサイズと端子の位置を確認することが基本です。次に、車の使用状況に合わせてタイプを選びます。

例えば、アイドリングストップ機能がある車では、それに対応したAGMタイプが推奨されます。また、長期間の耐久性や高い始動性能を求める場合は、高品質なブランド製品を選択すると良いでしょう。

バッテリーの適合はこちらで確認できます。

アテンザセダン/ワゴン、MAZDA6セダン/ワゴン(GJ)のバッテリー【2012年~】

スクロールできます
アテンザセダン
(ガソリン)
新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
ガソリンエンジン 2000cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-GJEFP PE-VPR 2018/6~2019/7アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 2000cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
DBA-GJEFPPE-VPR 2012/11~2018/6アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 2500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-GJ5FPPY-RPR2018/6~2019/7アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 2500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
DBA-GJ5FPPY-VPR2012/11~2018/6アイドリングストップ車
スクロールできます
アテンザセダン
(ディーゼル)
新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: S-95
寒冷地仕様: S-95
3DA-GJ2FPSH-VPTR2018/6~2019/7アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: S-95
寒冷地仕様: S-95
3DA-GJ2APSH-VPTR2018/6~2019/74WD 、アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: T-110
寒冷地仕様: T-110
LDA-GJ2APSH-VPTR2015/1~2018/64WD 、アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: T-110
寒冷地仕様: T-110
LDA-GJ2FPSH-VPTR2012/11~2018/6アイドリングストップ車
スクロールできます
MAZDA6 セダン新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
ガソリンエンジン 2000cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-GJEFPPE-VPR2019/8~アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 2500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-GJ5FP
5BA-GJ5FP
PY-RPR /
PY-VPTS
2019/8~2022/12アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: S-95
寒冷地仕様: S-95
3DA-GJ2FP
3DA-GJ2AP
SH-VPTR2019/8~仕様: 4WD (3DA-GJ2APのみ)
アイドリングストップ車
スクロールできます
アテンザワゴン
(ガソリン)
新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
ガソリンエンジン 2000cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-GJEFW
DBA-GJEFW
PE-VPR6BA-GJEFW
2018/6~2019/7
DBA-GJEFW: 2012/11~2018/6
アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 2500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-GJ5FW
DBA-GJ5FW
PY-RPR / PY-VPR6BA-GJ5FW
2018/6~2019/7, DBA-GJ5FW: 2012/11~2018/6
アイドリングストップ車
スクロールできます
アテンザワゴン
(ディーゼル)
新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: S-95
寒冷地仕様: S-95
3DA-GJ2FWSH-VPTR2018/6~2019/7アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: S-95
寒冷地仕様: S-95
3DA-GJ2AWSH-VPTR2018/6~2019/74WD, アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: T-110
寒冷地仕様: T-110
LDA-GJ2AWSH-VPTR2015/1~2018/64WD, アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: T-110
寒冷地仕様: T-110
LDA-GJ2FWSH-VPTR2012/11~2018/6アイドリングストップ車
スクロールできます
MAZDA6 ワゴン
(ガソリン)
新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
2000cc標準搭載: Q-85,
寒冷地仕様: Q-85
6BA-GJEFWPE-VPR2019/8~環境対応車, アイドリングストップ車
2500cc標準搭載: Q-85,
寒冷地仕様: Q-85
6BA-GJ5FWPY-RPR2019/8~環境対応車, アイドリングストップ車
2500ccターボ標準搭載: Q-85,
寒冷地仕様: Q-85
5BA-GJ5FWPY-VPTS2019/8~2022/12環境対応車, アイドリングストップ車
スクロールできます
MAZDA6 ワゴン
(ディーゼル)
新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: S-95,
寒冷地仕様: S-95
3DA-GJ2FWSH-VPTR2019/8~アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: S-95,
寒冷地仕様: S-95
3DA-GJ2AWSH-VPTR2019/8~4WD, アイドリングストップ車

アクセラセダン/スポーツのバッテリー【2013年~】

スクロールできます
アクセラ
(ガソリン・ハイブリッド)
新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
セダン(ガソリン)
1500cc
標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
DBA-BM5FPP5-VPS2013/11~2019/5アイドリングストップ車
セダン(ガソリン)
1500cc
標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
DBA-BM5APP5-VPS2013/11~2019/54WD, アイドリングストップ車
セダン(ハイブリッド)2000cc標準搭載::S46B24R(S)
寒冷地仕様:S46B24R(S)
DAA-BYEFPPE-VPH2013/11~2019/5ハイブリッド車
スポーツ(ガソリン)
1500cc
標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
DBA-BM5FSP5-VPS2013/11~2019/5アイドリングストップ車
スポーツ(ガソリン)
1500cc
標準搭載: Q-85,
寒冷地仕様: Q-85
DBA-BM5ASP5-VPS2013/11~2019/54WD, アイドリングストップ車
スポーツ(ガソリン)
2000cc
標準搭載: Q-85,
寒冷地仕様: Q-85
DBA-BMEFSPE-VPR2013/11~2016/7アイドリングストップ車
スクロールできます
アクセラスポーツ
(ディーゼル)
新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
セダン
1500cc
標準搭載: S-95、
寒冷地仕様: S-95
LDA-BMLFPS5-DPTS2017/9~2019/5アイドリングストップ車
セダン
2000cc
標準搭載: T-110、
寒冷地仕様: T-110
LDA-BM2FPSH-VPTR2015/12~2019/5アイドリングストップ車
セダン
2000cc
標準搭載: T-110、
寒冷地仕様: T-110
LDA-BM2APSH-VPTR2016/7~2019/54WD、アイドリングストップ車
スポーツ
1500cc
標準搭載: S-95、
寒冷地仕様: S-95
LDA-BMLFSS5-DPTS2016/7~2019/54WD、アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: T-110、
寒冷地仕様: T-110
LDA-BM2FSSH-VPTR2014/1~2019/5アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: T-110、
寒冷地仕様: T-110
LDA-BM2ASSH-VPTR2016/7~2019/54WD、アイドリングストップ車

CX-3のバッテリー【2015年~】

スクロールできます
CX-3(ガソリン)新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
5BA-DKLFWP5-VPS2020/6~アイドリングストップ車
1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
5BA-DKLAWP5-VPS2020/6~4WD、アイドリングストップ車
2000cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-DKEFWPE-VPS2017/7~アイドリングストップ車
2000cc標準搭載: N-55(S)
寒冷地仕様: N-55(S)
6BA-DKEFWPE-VPR2017/7~2020/6i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車
2000cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-DKEAWPE-VPS2017/7~4WD、アイドリングストップ車
2000cc標準搭載: N-55(S)
寒冷地仕様: N-55(S)
6BA-DKEAWPE-VPR2017/7~2020/64WD・i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車
スクロールできます
CX-3(ディーゼル)新車搭載バッテリー形式(標準)車両型式エンジン型式販売期間仕様
1500cc標準搭載: S-95、
寒冷地仕様: S-95
LDA-DK5FWS5-DPTS2015/2~2018/5アイドリングストップ車
1500cc (i-ELOOP)標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
LDA-DK5FWS5-DPTR2015/2~2018/5i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車
1500cc (4WD)標準搭載: S-95、
寒冷地仕様: S-95
LDA-DK5AWS5-DPTS2015/2~2018/54WD、アイドリングストップ車
1500cc (4WD, i-ELOOP)標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
LDA-DK5AWS5-DPTR2015/2~2018/54WD・i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車
1800cc標準搭載: S-95、
寒冷地仕様: S-95
3DA-DK8FWS8-DPTS2018/5~アイドリングストップ車
1800cc (i-ELOOP)標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
3DA-DK8FWS8-DPTR2018/5~2020/6i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車
1800cc (4WD)標準搭載: S-95、
寒冷地仕様: S-95
3DA-DK8AWS8-DPTS2018/5~4WD、アイドリングストップ車
1800cc (4WD, i-ELOOP)標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
3DA-DK8AWS8-DPTR2018/5~2020/64WD・i-ELOOP装備車,アイドリングストップ車

CX-5(KF型)のバッテリー【2017年~】

スクロールできます
CX-5(KF型)
ガソリン
新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
2000cc標準搭載: Q-85, 寒冷地仕様: Q-856BA-KFEPPE-VPS2018/3~アイドリングストップ車
2000cc標準搭載: Q-85, 寒冷地仕様: Q-85DBA-KFEPPE-VPS2017/2~2018/3アイドリングストップ車
2500ccターボ標準搭載: Q-85, 寒冷地仕様: Q-855BA-KF5PPY-VPTS2018/11~2021/12アイドリングストップ車
2500cc標準搭載: Q-85, 寒冷地仕様: Q-856BA-KF5PPY-RPS2018/3~アイドリングストップ車
2500cc標準搭載: Q-85, 寒冷地仕様: Q-85DBA-KF5PPY-VPS2017/2~2018/3アイドリングストップ車
スクロールできます
CX-5(KF型)
ディーゼル
新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
2200cc標準搭載: S-95, 寒冷地仕様: S-953DA-KF2PSH-VPTR2018/11~2022/11i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車
2200cc標準搭載: S-95, 寒冷地仕様: S-953DA-KF2PSH-VPTS2018/3~アイドリングストップ車
2200cc標準搭載: S-95, 寒冷地仕様: S-95LDA-KF2PSH-VPTS2017/2~2018/3アイドリングストップ車

CX-8のバッテリー

スクロールできます
CX-8新車搭載バッテリー形式車両型式エンジン型式販売期間仕様
ガソリンエンジン 2500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-KG5PPY-VPS2018/11~アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 2500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
5BA-KG5PPY-VPTS2018/11~アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 2200cc標準搭載: S-95
寒冷地仕様: S-95
3DA-KG2PSH-VPTS2017/12~アイドリングストップ車

デミオのバッテリー

スクロールできます
デミオ
(ガソリン)
新車搭載バッテリー形式(標準搭載)車両型式エンジン型式販売期間仕様
ガソリンエンジン 1300cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
DBA-DJ3ASP3-VPS2014/12~2018/84WD、アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 1300cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
DBA-DJ3FSP3-VPS2014/9~2018/8アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-DJLFSP5-VPS2018/8~2019/7アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-DJLASP5-VPS2018/8~2019/74WD、アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
CBA-DJLFSP5-VPS2015/10~2019/7アイドリングストップ車
スクロールできます
デミオ
(ディーゼル)
新車搭載バッテリー形式(標準搭載)車両型式エンジン型式販売期間仕様
ディーゼルエンジン 1500cc標準搭載: S-95
寒冷地仕様: S-95
LDA-DJ5ASS5-DPTS2014/12~2019/74WD、アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
LDA-DJ5ASS5-DPTR2014/12~2019/74WD・i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 1500cc標準搭載: S-95
寒冷地仕様: S-95
LDA-DJ5FSS5-DPTS2014/10~2019/7アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
LDA-DJ5FSS5-DPTR2014/10~2019/7i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車

MAZDA2のバッテリー

スクロールできます
MAZDA2
(ガソリン)
新車搭載バッテリー形式(標準搭載)車両型式エンジン型式販売期間仕様
ガソリンエンジン 1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
3BA-DJLFSP5-VPS2019/9~アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-DJLFSP5-VPS2019/9~アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 1500cc標準搭載: N-55(S)
寒冷地仕様: N-55(S)
6BA-DJLFSP5-VPR2019/9~2021/6i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
6BA-DJLASP5-VPS2019/9~4WD、アイドリングストップ車
ガソリンエンジン 1500cc標準搭載: N-55(S)
寒冷地仕様: N-55(S)
6BA-DJLASP5-VPR2019/9~2021/64WD・i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車
スクロールできます
MAZDA2
(ディーゼル)
新車搭載バッテリー形式(標準搭載)車両型式エンジン型式販売期間仕様
ディーゼルエンジン 1500cc標準搭載: S-95
寒冷地仕様: S-95
3DA-DJ5FSS5-DPTS2019/9~アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
3DA-DJ5FSS5-DPTR2019/9~2021/6i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 1500cc標準搭載: S-95
寒冷地仕様: S-95
3DA-DJ5ASS5-DPTS2019/9~4WD、アイドリングストップ車
ディーゼルエンジン 1500cc標準搭載: Q-85
寒冷地仕様: Q-85
3DA-DJ5ASS5-DPTR2019/9~2021/64WD・i-ELOOP装備車、アイドリングストップ車

さらに、バッテリーの容量も重要な選択基準です。容量が大きすぎると無駄にコストがかかり、小さすぎると十分な性能が得られません。使用する電子機器の量や頻度、車両の仕様に合った容量のバッテリーを選ぶことが望ましいです。

最後に、保証期間やアフターサービスも考慮に入れると、将来的なトラブル時に安心です。適切なバッテリーを選ぶことで、車の性能維持につながり、安全で快適なドライビングが可能になります。

交換時に推奨されるバッテリーブランド

交換時に推奨されるバッテリーブランドの選択は、車のパフォーマンスと安全性に直接影響します。市場には多数のブランドが存在しますが、

特に信頼性と性能で評価が高いのは、パナソニック、BOSCH、GSユアサです。

上述の適合表を確認すると、マツダの主力車種のバッテリは、Q-85,S-95,T-110の3種類が大半を占めていることがわかります。それぞれの型番にあった選択が必要となります。

それではそれぞれのメーカーの商品を確認していきましょう。

パナソニック「カオスシリーズ」

パナソニックは、特にアイドリングストップ車用に設計された「カオス」シリーズで知られ、長寿命と高性能を実現しています。(Panasonicバッテリ適合検索

Q-85に適合する商品は「 N-Q105/A4」となります。

そして、S-95に適合する商品は「N-S115/A4」となります。

そして、T-110に適合する商品は「N-T115/A4 」となります。

BOSCHの「ハイテックプレミアム」

BOSCHの「ハイテックプレミアム」シリーズは、充電制御車やアイドリングストップ車に適した高耐久性を提供し、欧州車にも適合する品質が魅力です。(BOSCHバッテリー適合検索

Q-85に適合する商品は「HTP-Q-85/115D23L」となります。

S-95に適合する商品は「 S-95/130D26L」となります。

T-110に適合する商品は「 S-95/130D26L」となります。

GSユアサのバッテリー

GSユアサは、幅広い車種に対応する製品ラインナップを持ち、特に日本車での適合性が高いとされています。(GSユアサバッテリー適合検索

Q-85に適合する商品は「ER Q-85/95D23L」となります。

S-95に適合する商品は「ER S-95/110D26L 」となります。

T-110に適合する商品は「ER-T-115/130D31L 」となります。

これらのブランドは、耐久性や始動性能に優れ、厳しい品質管理のもとで製造されているため、多くの自動車メーカーやプロの整備士から推奨されています。

バッテリーを選ぶ際は、車種の仕様に合わせて適切な容量やサイズを選び、信頼できるメーカーの製品を選定することが重要です。また、保証期間やアフターサポートの内容も購入の際の重要な判断材料となります。

正しいバッテリーブランドの選択は、車の性能を最大限に引き出し、安全で快適なドライビングを実現する鍵となります。

マツダのバッテリー交換料金:具体的な費用と方法

ディーラーでの交換費用

ディーラーでのバッテリー交換費用は、一般的に他の交換オプションに比べて高めに設定されていますが、その理由は専門的なサービスと純正部品の使用にあります。

ディーラーでは、車種に完全に適合する純正バッテリーを提供し、車の電子システムとの互換性も保証されます。交換費用は車種や地域によって異なりますが、CX-5やアテンザのクラスでは工賃込みでおおよそ45,000円から60,000円程度が目安です。

この価格にはバッテリー本体のコストのほか、専門技術を持ったメカニックによる取り付け作業費、アイドリングストップのリセット料金が含まれています。

なお、ディーラーにバッテリー持ち込む場合、取り付け費用は通常の倍になり、上記の車種のクラスで7,600円税込となります。この金額はアイドリングストップのリセットの費用も含まれています。

ディーラーでの交換を選ぶ最大のメリットは、交換後の安心感にあります。ディーラーは車両の詳細な診断を行い、バッテリー交換に伴う他の必要なメンテナンスがあれば、その場で適切なアドバイスを提供します。

また、純正部品の使用は、車の性能を維持し、将来的なトラブルを未然に防ぐ効果も期待できます。保証サービスが付帯することも多く、交換後に何か問題が発生した場合にも迅速に対応してもらえるため、総合的なコストパフォーマンスは非常に高いと言えます。

ディーラーでのバッテリー交換は、長期的な車の健全性を考えると、賢明な選択肢の一つです。

ディーラー交換のまとめ
  • ディーラーでバッテリーを購入し交換する場合が、一番割高。Lサイズでは工賃込みで45,000円~60,000円が相場。
  • ネットで一番安いバッテリーで購入し、ディーラーに持ち込み交換してもらうのが3通りの中で一番ベストで安心。工賃は7,600円と通常の倍となるが、アイドリングストップのリセットの煩わしい作業も込みとなる。うまくいけば、30,000円程度で済む可能性がある。
  • 店舗によっては持ち込みを不可としているところもあるため、事前確認要!

カー用品店での交換費用

カー用品店でのバッテリー交換費用は、ディーラーに比べて一般的にリーズナブルです。

ここでの交換費用は、バッテリーの種類やブランドによって異なりますが、大体の目安としては、バッテリー本体代が10,000円から30,000円程度、取り付け工賃が2,000円から5,000円程度で、合計では約12,000円から35,000円の範囲内で収まることが多いです。

カー用品店の大きな利点は、広範囲のバッテリーから選べることにあります。消費者は予算やニーズに応じて、様々な価格帯や性能のバッテリーから選択可能です。

また、多くのカー用品店では、バッテリーの無料診断サービスを提供しており、交換が必要かどうかを専門家が判断してくれます。

一方で、カー用品店での交換を選ぶ際には、メカニックの専門性や経験が店舗によって異なるため、事前に店舗の評判やレビューを確認することをお勧めします。

特にマツダのアイドリングストップ付の車はバッテリー交換後、アイドリングストップのリセット作業が必要となります。カー用品店ではその作業ができない場合が多く、最終的にディーラーに持ち込む必要があります。(ディーラーに持ち込まず、ご自身でリセットすることも可能です。リセット方法は後述します。)

総じて、カー用品店でのバッテリー交換は、コストを抑えつつも、幅広い選択肢から最適なバッテリーを選びたい方に適しています。ただし、上記の通り、費用を抑えることができても、最終的にディーラーでの作業が別途必要になるため、メーカー、車種によってはコスト面で微妙な場合もあります。

カー用品店での交換のまとめ
  • カー用品店で購入する場合、ディーラーよりコストはわずかに安い。マツダ車のLサイズだと大体4~50,000円程度の費用がかかる。
  • オートバックスにおいてはマツダ車の場合、工賃が6,600円となり通常の倍となる。
  • なお、バッテリー交換後のアイドリングストップのリセット作業はできないとのことで、最終的にはディーラーにその作業を依頼する必要がある。

自分で交換する場合の費用

自分でバッテリーを交換する場合の費用は、主にバッテリー本体の価格に依存します。工賃を節約できるため、この方法は最もコスト効率が良い選択肢の一つです。

バッテリーの価格はその性能、容量、ブランドによって異なりますが、一般的な乗用車用バッテリーは約5,000円から30,000円の範囲で購入可能です。ただ、高品質なバッテリーや特定の機能を持つもの(例えば、アイドリングストップ車用)は、この価格範囲の上限に近いか、それ以上になることがあります。

自分で交換を行う際には、適切な工具が必要ですが、基本的なスパナセットがあれば十分で、これにかかるコストは比較的低いです。また、バッテリー交換に特化した工具を既に持っている場合や、友人から借りることができれば、追加の出費は不要です。

DIYでの交換のまとめ
  • 上記の2通りの方法と比較してもっとも安価。バッテリーの本体代金だけの負担となり、15,000~20,000円で済む可能性がある。
  • バッテリーが20kgほどあるため、一人での作業が難しく、危険を伴う。
  • バッテリー交換後のアイドリングストップのリセット作業をディーラーに依頼するか、もしくは下記の手順で自身で対応する必要がある。

バッテリー交換作業

手順
事前準備
  • 車のエンジンを停止し、キーを抜いて全電源をオフにします。
  • 保護メガネと絶縁手袋を着用して安全を確保します。
手順
端子の取り外し
  • 端子カバー、マイナス端子、プラス端子の順に、絶縁スパナを使用して取り外します。
  • 汚れがある場合は、ワイヤーブラシやサンドペーパーで清掃します。
手順
ステーの取り外し

スパナを使ってバッテリーステーを外します。取り付ける際の参考のため、ステーの位置を確認し、必要なら写真に撮ります。

手順
バッテリーの交換

古いバッテリーを取り出し、新しいバッテリーを同じ位置に置いて、ステーで固定します。バッテリーの極性を正しく確認してください。

手順
端子の取り付け

新しいバッテリーにプラス端子、続いてマイナス端子を取り付けます。取り外しの逆順で行い、スパナでしっかりと固定します。

手順
最終確認と処分
  • 端子カバーを取り付け、全ての接続が正しく行われていることを確認します。
  • 古いバッテリーは適切に処分するため、購入店舗や地域のリサイクルセンターに相談します。

作業を行う際は、火気のない換気の良い場所を選び、静電気を避けるための服装を心がけてください。また、車内機器の設定がリセットされることを防ぐため、必要に応じてバックアップ電源の使用を検討してください。これらの手順に従えば、バッテリー交換を安全に自身で行うことができます。

自分で行うバッテリー交換の利点は、費用の節約だけではありません。交換プロセスを通じて自動車のメンテナンスに関する知識が深まり、将来的に車に関するさまざまな小さな問題に自分で対処できるようになる可能性もあります。

しかし、正しい手順を理解し、安全に作業を行うことが極めて重要です。間違った方法でバッテリーを取り扱うと、車両の電子システムに損害を与えるリスクがあります。したがって、交換作業に自信がない場合は、プロに依頼することをお勧めします。自分で交換する場合は、予め適切な情報を収集し、注意深く作業を進めましょう。

費用を抑えるポイント

バッテリー交換費用を抑えるには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。まず、複数の供給源から価格を比較検討しましょう。

ディーラー、カー用品店、オンラインショップなど、異なる販売チャネルでの価格をチェックすることで、最もコスト効率の良い選択が可能になります。

また、セール期間やキャンペーンを利用することも一つの方法です。多くの小売業者は定期的にプロモーションを行っており、このタイミングで購入することでかなりの割引が期待できます。

さらに、自分で交換することも費用を抑える大きなポイントです。専門家に依頼すると工賃がかかりますが、基本的な工具があれば自身で交換することが可能です。

ただし、適切な知識と手順を理解していなければ、車両に損害を与える可能性もあるため、自信がない場合は専門家に相談することをお勧めします。

また、長期的に見て費用を抑えるためには、バッテリーのメンテナンスに注意を払うことも重要です。定期的な点検と適切なケアにより、バッテリーの寿命を延ばし、頻繁な交換の必要性を減らすことができます。

最後に、バッテリー選びでは価格だけでなく、品質や保証期間も考慮に入れることが賢明です。初期投資は多少高くなるかもしれませんが、長期間にわたって安定した性能を提供する高品質なバッテリーを選ぶことで、結果的にコストパフォーマンスが向上します。

安全な交換のためのチェックリスト

安全なバッテリー交換を行うためのチェックリストは、作業前の準備から始まります。まず、車のエンジンを停止し、キーを抜いて電源が完全にオフになっていることを確認します。安全装備として、絶縁された手袋と保護メガネを着用し、感電やバッテリー液から目を守ります。

次に、正しいサイズとタイプのバッテリーを用意していることを確認し、古いバッテリーを取り外す前に、車両の電子システムに影響を与えないようメモリーバックアップを使用することを検討します。バッテリーを取り外す際は、必ずマイナス端子から外し、取り付ける際はプラス端子から接続することが基本です。これにより、ショート回路を防ぎます。

バッテリーを固定するブラケットやクランプがしっかり締められていることを確認し、端子が清潔でしっかり接続されていることを確認します。また、バッテリーの周囲に物がなく、換気が適切な場所で作業を行うことも重要です。

最後に、作業が完了したら、エンジンを始動し、すべての電子機器が正常に機能しているかをチェックします。特に、時計やラジオの設定がリセットされることがありますので、必要に応じて再設定してください。

これらの手順に従うことで、安全にバッテリー交換を行うことができます。不安な場合は、専門のメカニックに相談することをお勧めします。安全な作業環境の確保と適切な手順の実行は、事故を防ぎ、車両の健全性を維持するために不可欠です。

バッテリー交換後のメンテナンス

バッテリー交換後のメンテナンスは、車の性能と寿命を維持するために重要です。交換直後には、車両の電子システムのリセットや再設定が必要になる場合があります。まず、車のエンジンを始動し、全ての電装品が正常に動作しているかを確認します。この時、時計やオーディオシステムなど、バッテリー交換によってリセットされた可能性のある設定を再調整する必要があるかもしれません。

特にアイドリングストップ機能を搭載した車種では、バッテリー交換後にシステムのリセットが求められることがあります。これは、車両がバッテリーの状態を正確に把握し、アイドリングストップ機能を適切に動作させるためです。リセット方法は車種によって異なりますが、一般的にはエンジンをオンにした状態で特定の手順を実行することで行えます。具体的な手順は、以下の通りです。

アイドリングストップのリセット作業手順

手順
バッテリー充電積算量リセット
  • バッテリーのマイナス端子を切り離した状態で5分以上待機します。
  • 電流センサのコネクタを切り離します。
  • バッテリーのマイナス端子を再接続し、10秒以上待機します。
  • 電流センサのコネクタを再接続します。
STEP
i-stop機能のリセット
  • ブレーキを踏まずにイグニッションをON(エンジンは停止)に設定し、15秒以上(1分以内)待機します。
  • i-stop OFFスイッチを約10秒間押し続け、i-stop表示灯(緑)が消灯するか、i-stop警告灯(橙)が点滅するのを確認します。
  • エンジンスイッチをOFF(LOCK)に設定します。
  • ボンネットを閉じ、エンジンを始動。i-stop表示灯(緑)が消灯していることを確認します。
  • 車速4km/h以上で走行し、i-stop表示灯(緑)が点灯し、停止時にアイドリングストップが正常に作動することを確認します。
STEP
追加リセット作業
  • ステアリング舵角センサ: エンジンを始動後、ステアリングを左右に据え切り、エンジンスイッチをOFFにします。
  • パワーウインドウ: エンジンスイッチをONにし、運転席側フロントドアガラスを全開後、全閉にして約2秒間保持します。
  • パワーリフトゲート: 手動で閉めます(前回の状態でバッテリー交換した場合のみ)。
  • サンルーフ: エンジンスイッチをONにし、ガラスパネルが停止するまでチルトアップスイッチを押続けます。

また、バッテリー交換後は、定期的なバッテリーのチェックを行うことが推奨されます。端子の腐食や緩みがないか、バッテリー液のレベルが適切かなど、簡単な点検を定期的に実施することで、バッテリーの早期劣化や故障を防ぐことができます。

バッテリー交換後の適切なメンテナンスとリセット作業を行うことで、車の性能を最大限に活用し、長期的に安定した走行を確保することが可能になります。不明点がある場合は、専門家に相談することをお勧めします。

マツダのバッテリー交換の料金に関するまとめ

本記事に関するまとめは以下の通りです。

  • マツダ車のバッテリー寿命は一般的に3~5年である
  • 交換時期はエンジンの始動遅延やヘッドライトの輝度低下で見極める
  • ディーラーでの交換費用は安心を提供するが比較的高額である
  • カー用品店ではディーラよりわずかにリーズナブルな価格で交換可能である
  • 自分で交換する場合は最もコスト効率が良い
  • 交換費用を抑えるには複数の供給源から価格を比較する
  • セール期間やキャンペーンを利用すると割引が期待できる
  • バッテリーの適切なメンテナンスにより寿命を延ばせる
  • バッテリー交換後はリセットや再設定が必要な場合がある
  • 純正部品の使用は車の性能を維持する
  • 正しい工具と安全装備を使用して交換作業を行う
  • 古いバッテリーは適切に処分する必要がある
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次